ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

「縄文土器」で茶を嗜んだクリスマス・イブ。~縄文茶会に行ってきました~

f:id:tsunezawashi:20171228003814j:plain

ツネザワシです。久々の更新ですね。

お茶会に呼ばれまして・・・先日のお話です。

12/24(日)、ええクリスマス・イブですね。「縄文茶会」に参加してきました。

ずぶの学校 さんが主催のお茶会です。

当日まで内容は不明でしたが・・・。さて、お茶会の全貌はいかに。

縄文土器を趣味で作られている方がいらっしゃいまして。

※この時点でパワーワード連発なのですが、 事実を述べただけです。

その方の制作した土器を使って、お茶会をしよう!という、一風変わったイベントです。ハイ、だいぶ変わってますよね?

あくまで、ことの内容は第三者視点で書いているので、もしかすると実際の趣旨は違うのかも知れませんが、たぶんあっていると思います。

 

パワーワードについては以下を参照。昨今のネットスラングですね。

僕は、この表現好きです。的確に概念を表していると思うし、代替する言葉がパッと思いつかないし。だからこそ流行っているんじゃないかな?

dic.nicovideo.jp

 

ご存知の通り、縄文土器は、土器というぐらいなので、「土」です。

どうやら、「オーブン粘土」という、オーブンで手軽に焼ける粘土のようです。

こんなのがあるんですねえ~。

だから厳密にいうと、本来の製法とは違うんでしょうが、「縄文」を彩った土器ですから、縄文土器と呼称していいと思います。

そう、縄文土器とは、縄の紋様があるから縄文土器…。

縄文時代につくられたから縄文土器、ではないんですよね。え、違う?

この理論でいくと、縄文時代につくられていない、平成のこの世でつくられた、縄文の紋様のある土器はなんて呼べばいいのか、という話になってしまう。

平成土器?んなことあるかい!というわけで、縄文土器でいいんじゃない?

 

※ちなみに弥生時代は、弥生町の貝塚で諸々発掘されているから、弥生(式)…という呼称になっているんだよねえ。

 

ちなみに、肝腎の縄文土器ですが、写真撮り忘れました。。。

え!ブログとして致命的じゃない?はい、そう思います。すんません!

f:id:tsunezawashi:20171228003814j:plain

この写真は、普通の器と、普通じゃないクッキーです。

どんぐりを使った縄文クッキーかな?と思ったら、素朴な味の、西洋テイストなクッキーでした。僕は、鳩サブレとか、この手の好きですよ。

クッキー、サブレ、ビスケット、定義は知らないけど…。

 

この人形クッキー、形代を想起させます。

勿論、そんな、おどろおどろしいものではありませんよ。おいしいもの。

それをいったら、たべっ子どうぶつはどうなる。

 

あ、ちなみに以下は過去にたべっ子どうぶつについて本気で書いた記事です。

なお、ご賢察の通り、駄文です。中身なんてないよ。

5000字」あるので、暇人か、たべっ子き●がいの方だけ、読んでくださいね。

tsunezawashi.hatenablog.com

 

今回のお茶会では、表千家の点て方で、会が運ばれていきます。

お茶は人の手で運ばれてきます。

実は、僕は裏千家の(作法の)お茶は飲んだことがあります。

大学時代の特別講義でお茶を体験できる講座があったんです。

作法はほとんど覚えていないのですが…表と裏ではまあまあ違うみたいですね。

決定的なのは、表の方は、(お茶が)サラっとしてるんです。

そこまでお茶を点てないようで、泡も少ない。…らしいですよ。

 

※イメージするのは、あの竹のアレで、シャカシャカする…アレです。

ガッツリ、シャカらない、らしい。

なおアレですが、茶筅(ちゃせん)といいます。

 

そういえば、お茶会には「正客」という概念があり、一番のもてなし客がお茶会にはいるらしい。

へえ~。いろいろ勉強になりました。足もしびれた。。。

 

なお内側をコーティングしていない土器の場合、お茶が染みこんでくるらしい。。。

勿論、土も溶け出すので…土の味のする?お茶が実現する恐れが。

でも、昔の人はそれで煮炊きしてたワケだしなあ。

 

ところで。この度、寄稿してきました。

ずぶの学校が上梓する「ずぶぬれ」。

まちのおとぼけ余談集というテーマで、小生、たこ焼きについて一筆認めてきましたよ。

何故、たこ焼きか?深い理由はないよ。。。

 

全文をあげてもいいけど、それもなんか味がない。趣がない。

やっぱり、実物で見てほしいなあと思えども、実物見る機会、あまりないよねえ…。

ということで、気が向いたら、本文読めるようにしておきますね。

f:id:tsunezawashi:20171228003811j:plain

そよ風工房にて。あ、皆さん、忘れてません?

soyokaze-koubou.tumblr.com

 

では、今回はこのへんで!

これからは、もうちょっと書いていこうと思います。

あと、個人的に土器つくりたいな~と思いました。土器★土器!