読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

YOU は ショク!…「食」の字の成り立ち

漢字

f:id:tsunezawashi:20170221051856j:plain

ハイ、!ツネザワシです。

寒~いギャグから始まっております。2月も半ばですが、まだまだ寒さが残ります…。

先日は、食に関する漢字のワークショップを行っておりました。

今回はおさらいも兼ねて、「食」という字を取り上げております。

ちなみに、ワークショップに関しては毎月1回開催しています。

どこで?…フリースペース七味にて!

過去のイベントですが、詳細は以下で!

https://www.facebook.com/events/2196684757223969/

 

閑話休題。

さて、この「食」という漢字ですが、まずは掲載の画像を見ていただきたく。

これは甲骨文字という、今から3000年以上前の古い字形です。

ハイ、絵のようですね!

 

上側の、アルファベットの「A」のような部分が、フタです。

フタ…?そう、この字は、食べ物を入れている器とそのフタを表している漢字だというのです。

そのAの下の部分が、入れ物、ということですね。

※なんだか「豆」に似ておりますが、この豆という字自体、これまた入れ物を表す文字だったのです。

 

なお現代の字形には「良」という字が見えますが、もとは「皀」であり「既」や「即」といった字に繋がります。

※旧字体では、皀+旡、皀+卩、と書きます!

「既」は、食べ物の器の横で、ご飯を食べてお腹がいっぱいになり…後ろを向く(orあくびが出る)ようす。

「即」は、同様に器の横で、膝を付けてかがんでいる(=跪く)人のようす。

といった解釈があります。

 

とまあ、藤堂や白川まで、割と共通している、ポピュラーな解釈のようです。

 

以下中国語のサイトですが、もっと「食」という字の他の古い字形を見たい方はご参照ください!

http://www.51bianji.com/zidian/e9a39f.html

これまた、絵のような字がゾロゾロ出てきます。

 

昔の人も食事は重要なことであるはずですから、それを文字として表現することは必要だったのでしょうね。

しかしまあ甲骨文字、特に象形文字の場合は、絵に見えて仕方がありません。

漢字を勉強している現代の外国人も同じ気持ちなのでしょうか?

 

余談にはなりますが、絵を描く方々は、字も上手い傾向があるような気がします。

書道としての上手さと、味がある字の上手さはまた違いますが、イラストレーターは、漢字を図形的・空間的に見ているのかも知れませんね。

 

絵の練習では、〇・△・◇といったパーツをひたすら、キレイに書く…というものがあるそうです。へえ。そよ風工房の中山匠 先生が言っておりました。

ちなみに、匠先生の作品は以下のURLからご覧あれ。

https://soyokaze-koubou.tumblr.com/

漢字とイラスト、またどこかで取り上げることができたら、記事にします(笑)

 

とりあえず、今回はこの辺で!

来月も漢字のワークショップやりますよ!アタァ!