ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

福井県民(一応)オススメ観光スポット~恐竜デスティネーションの地、恐竜博物館~

若干日が空きましたが、再びラジオからのネタを一つ。
今回もダラダラ北陸のPR。
さて、でもコレPRになっているのかどうか。

 ★日本の美は北陸にあり。北陸へB(美)ダッシュ!

どうやら「北陸デスティネーションキャンペーン」という、なかなかぶっとんだネーミングの企画が行われているらしい。
(褒め言葉ですからネ!ぶっとんでないより、ぶっとんでる方がインパクトあってイイと思います。そうでもしないと北陸って地味なので。)
 
デスティネーション、って言うと映画『ファイナルデスティネーション』のイメージが強いんです。
ちょっと前にデスティネーションでググったら、ファイナルデスティネーションがヒットしましたよ。割と世の人は同じこと思うのか?

あ、このグーグルでググるという表現、馬から落馬するとか、頭の頭痛なーんてのと同じようなカンジですね。
destination は目的地、到達という意味だから、デスティネーションキャンペーンって表現に、おののく必要はないんですよね。
でもやっぱり、ファイナルデスティネーションのイメージが強いんだよなあ…
なおこの映画、何をやっても死に到達する、って映画らしいです。
見たことないけど。

なお destination の語源はラテン語らしい。そんでもって、運命がどうたら…って意味があったらしい。へぇ~。
destiny と何か関連性あるのかな。

★DCってなんぞよ
前置きはさておき。DCってのは、公式による略称です。
長いからね、デスティネーションキャンペーンって。

この説明をザックリしておくと、
地方自治体や観光団体、JRグループが協力して、北陸からダイヤの原石を発掘・磨いていきましょう…そして販売!というキャンペーンです。

あ、ダイヤの原石ってのは僕の比喩ですからね!
いいじゃないですか。ダイヤ。ザックリ。
北陸には原石がウジャウジャあるんですよ。

北陸に観光客を誘致するってのが最終目標ってワケで。
あ!東尋坊で人生のデスティネーションってのはだけは勘弁。
まあ、なんだかんだで北陸はイイところでっせ。
 
*ところで美人はなぜ東北なのか
DCでは、美を謳っていますが「美人」には触れていないんですよね。
越えてはいけないラインなのか?
まあ、よく美人が多い所に東北が挙げられますよね。青森、秋田とか。

一般には、アイヌのDNA、日照時間の短さ、綺麗な水、豊かな自然…などが理由として考えられますよね。
じゃあ、北陸だって、日照時間、水、自然…イケル!と思うんですけど。
どうでしょか。
まあ…こういう話題はこの辺でやめときましょう。
美の価値観は人、時代、文化、国…様々なんです。
★かっちゃま と恐竜
福井は勝山「福井県立恐竜博物館」について。
小学生のときと、大学生のとき、まあ人生で2回行ったことがあります。
小学校定番の遠足候補地かも。僕のときは、確かできて間もない頃だったような気がする。
 
ぶっちゃけると、恐竜がよっぽどキライ!って方じゃなければ楽しめると思います。
そもそもそんなに恐竜キライ!なんて方なかなかいないような気もしますが。
恐竜〜?ガキ向けでしょ?
…なーんて言ってる若人も、意外と来てみたらおもしろく感じるんじゃあないでしょか。
何故って?…説得力のないコトバなんですが、恐竜ってのにはロマンがあるんですよ。
あ、コレ、恐竜好きじゃないと伝わらないヤツや…!
とりあえず!浪漫を感じたいのなら、勝山へGO!
福井駅からえち鉄とバスで行けるから!
※実際、学生時代、リア充グループが恐竜博物館行っててサ、楽しかった~とか言ってましたね。

なお、タイトルにある「かっちゃま」というのは勝山のことを指します。
正直、小生もあまりよく知りません。
勝山ってのは福井の山の方の街です。
雪が結構積もります。
大野・勝山と言えば、スキーなんかでも行く人いるかな?

★終わりに
結局、全体的に全く説得力のない観光PRになってしまった。
この博物館、マジでレベル高いのでオススメです。
というよりも、日本に恐竜の博物館がそんなにないんです。

デスティネーション!
ハマリそうだな、コレ。