読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

福井県民(一応)オススメ観光スポット~東尋坊 is 自殺の名所~

★きっかけはレディオから
先日レディオ…もといラジオを聞いていたら、東尋坊とかカツ丼とか聞こえてくるのであった。
どうやら【福井】を紹介しているのであるらしく、福井県民なもんで、思わず聴き耳そばだてる。

レディオでは「北陸いいな~」的な会話が繰り広げられてたんですが、福井にはあまり見るものがありません。

そんな福井ですが、駅に恐竜増やして頑張ってます。

恐竜ネタも、ちょっとブームに乗っかるのが遅かった気もするね…。

北陸新幹線のお陰で、専ら世の中は北陸ブームのようなのである。
最も、新幹線は福井には通っておらず、金沢までなのであるが…。

ところでレディ加賀の元ネタの、レディガガの元ネタが、Queenのレディオガガだってこと知ってた?

★東尋坊へGO
とりあえず一発目は東尋坊
一歩間違うとかなり危ないタイトルですね、こりゃ。
東尋坊は、いわゆる自殺の名所である。
サスペンスのロケ地にもよく使われるらしい。
何度も言いますが、自殺によく使われるのだ。

崖から一歩でも踏み出せば、ラク~に逝けてしまう、恐ろしいところ!
勿論、柵とかロープとか、そんな景観を壊すようなモンないですからね。自己責任。
小学生はキャッキャッと間近まで歩んでる。

福井市内からのアクセスは良好で、車を使えば問題なく行けます。
えちぜん鉄道(えち鉄)でも行けます。でもバスも使わなきゃならんかも。
詳しくはこの辺を見てね。*福井「越前・若狭」の旅情報 ふくいドットコム

地元の小・中学生が遠足や課外学習でよく行く所だが、自殺の名所なもんだから、みんな心霊写真を撮ろうと必死になるのだ。(ウチのとこだけかも?)

 

追記:改めて行ってきましたのでこちらのリンクからどうぞ。

 

以下、順序が逆にはなってしまいましたが、探訪前の記事です。

小ネタ集としてご覧ください。

 

★東尋坊、どんなところさ?※写真はないので、ご自身でググってね(._.)
東尋坊の写真が載ってるサイトを探してたら。
…いきなり東尋坊WEBカメラが視界に入って来てビビッた。コレ、まじでよくないものもあるのでは…
夜に見るものではない。まあ、ボヤけて何もわかりませんが。

↓でも、三国のちゃんとした観光サイトですからねコレ!
三国観光協会 みくに観光まるごとナビ 
(三国というのは、福井の海の方の町です。)

「きてくんねの~」って書かれてますけど、来てね~って意味です。
でも、ぼくはこんな言い方しないや。
「きねや」「きねま」「きね」とかの方がよく使うと思うんですけど、どうでしょ?


なお東尋坊には、昔、「東尋坊」という暴れん坊の坊さんがダイブしたという伝説がある。
福井の人なら小中学生のときに大体耳にすると思う。多分。

さらに小生も知らなかったのだが、とうじんぼうくんという驚きのゆるキャラが。
これには当の東尋坊もビックリだろう。
ブルータルすぎるぜ。とうじんぼうくん。商魂たくましい。もはや招魂。

閑話休題。
東尋坊は、見事に崖、崖、崖な所で、岩肌は誠に死を誘う。
ここから飛び降りても、簡単に海にボチャッ!と行ける訳ではないと思うんだ。

そばだつ岩肌にドギャッ!とぶち当たると思うんだ。
絶対痛いよ、ありゃ。
しぶとく生き残ってしまうの、かも。
死にきれぬまま、荒波にさらわれ、もがき死ぬことになるの、かも。
ま、試したことないのでわかりません。試したくもないけど。

なおこの辺、叢茂る遊歩道には「まだ死ぬな」的な看板がそこら中にあったような記憶がある。

なかなかブルっちまう。ブルータル。

 

電話ボックス…今でもあるかわかりませんが、死ぬ前に使え、ってことでしょうか。
RPGみたい。
噂では地元の友人の親戚が設置に関わっていたらしい。

携帯電話が普及する前は便利だったのかも。
ちなみに10円玉もその辺に置いてあった…記憶がある。(あくまでも当時は…そんな記憶が、ネ。)
うーむ、ブルータル

もう最後に行ったのは10年以上も前なので、今は小綺麗になっちゃってるかもね、東尋坊。
なんにせよ、眺め壮大なので、福井に行くのであれば是非!
あ、自殺はやめましょうね…。