読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

四国に行ってきました ~賢見神社そのに~

前回の後半。

そう、GWと使って、徳島にある賢見神社に行ってきたのです。

賢見神社は、国内唯一の、憑き物払いの神社です。

登り始めて2時間弱くらいで着きました。

f:id:tsunezawashi:20161201231312j:plain


まだ社務所の受付が始まる前だったので、特別何か見られたり聴けたりはできませんでしたが……

見た感じは思ったより…普通の神社

f:id:tsunezawashi:20161220022022j:plain

まあでも何といっても、ここが国内唯一の、犬神憑きのお祓いをしてくださる神社です。ササーッと境内をまわります。

 

f:id:tsunezawashi:20161220022024j:plain

f:id:tsunezawashi:20161220022023j:plain


お、ナイス御手水。
絵師さんの気合がやたら入っている…。

f:id:tsunezawashi:20161201231326j:plain

ところで賢見とは?

f:id:tsunezawashi:20161201231334j:plain


前回ちょろっと疑問に思った「ケンミ」の名の由来。
このマークが、賢見神社のマークっぽいんですよね。
家紋だと思いますけど、こいつは剣ですかね。
ケンミのケンは、もともと剣のケンだったとか?
いまいちよくわかんないですが、お祓いで剣を使ってたんでしょうか。
確かに、剣って儀礼的な舞なんかでも使われますし。

 

…と思ったら、公式HPによると

一説によれば、賢見という詞は“犬を観る”から来ているという説もあります。

ということだそうです。

kenmi-shrine.s1.bindsite.jp

なんと滝?も!

f:id:tsunezawashi:20161220022025j:plain

f:id:tsunezawashi:20161201231341j:plain


なお神社の奥の院をゆくと…滝(スモールサイズ)があります。
なんと、滝修行出来るらしい!
(※係の方がいるときでないと出来ません!)

f:id:tsunezawashi:20161220022026j:plain

ちゃんと更衣室もあるという、優しい世界。
トイレもしっかりありました。

 

いまいち謎も残りましたが…神社を後にし、再び阿波川口まで戻る。

帰りのルートの方が住宅も多かったのですが、やっぱり車が要りますね…。

十分車・バイクで通れるので、参拝の際には文明の利器を使うことをオススメします。

 

下山については、以下をどうぞ。続きます。