ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

四国へ行ってきました。 ~山口霊神社その一~

◆一風変わったタヌキの神社を目指して
過日は、斯くも麗しきゴールデンウィーク。
光陰矢のごとく、白駒の隙を過ぐ。
あっと言う間に終わってしまいましたね。
 
このたび、 目指したのは愛媛県にある、山口霊神社です
「犬隠刑部」という、タヌキの親玉を祀っているところである。
何でも神通力を持っており、眷属の数はなんと808匹。
101匹わんちゃんなんて目じゃないぜ!

 

城や地域からも信心を得ていたのだが、松山城のお家騒動に巻き込まれ、
眷属もろとも封印されてしまったという。
神通力で怪異を起こすってのは、ジブリのぽんぽこでもワラワラ出てきましたよね。百鬼夜行。
 
割とこじんまりとした社で、地元の人も「ああ、あそこね。」程度の認識。
そもそも「山口霊神」、「犬隠刑部」と言ってもあまりピンときていないようで。
そんなに有名じゃないのか?
 
◆どんなルートで進んだのかというと…。
ともかく、道中を見てみよう。
さて。松山駅で夜行バスを降り、レンタサイクル貸出時間まで、フラフラ。
予定としては、久谷町ってところまで行きます。
なおバスもほとんど本数がありません。一応近くまで行けるバスはあるようですが。
 
レンタサイクルは、1日300円。後は己の肉体への燃料補給分。…コスパはよし。
ママチャリかクロスバイクを選べる。やったね!
まともにクロスバイクなんて乗ったことないが、いけるやろ、とテキトーに選ぶ。
なお、空気を入れ忘れてスタートしたため、道中ヒヤヒヤしながら進むハメに…。
 
◆特に苦労もなく、ひたすら漕いでゆくはずが。
33号線を南下し、曲がり道を神社方面 南東へ。
順調である。
とまあ、予定では1時間ほどで着く予定だった。予定では。
 
曲がり道を曲がりそびれ、地図上でいうと砥部町役場のあたりで過ちに気付く。
来た道を戻ると15分くらい掛かる…。第一同じ景色を再び見るのは何か面白くない。
この先よくわからんが、この先の道をゆこう!と決めたのでした。
 
まあ確かに地図上では緯度は同じくらいに見える。
グネっと道は曲がっているものの、直線距離にしたらそんなに大したことないだろうと。
…平面上では、そう見えるのだよ。
だいたい、赤マルの地点から、東に入ったのだが…。
 
f:id:tsunezawashi:20161201232349j:plain
 
思いっきり山道ですね、これは。
峠に入ったあたりで、素直に戻ればよかったと割と後悔しましたが、後の祭り。
 
速いチャリに乗り慣れてない不健康社会人には、峠を漕いで上がるのは無理でした。
仕方なく自転車を降りて、押して歩く。
ハーレーが過ぎさる脇を、ノロノロ歩く姿は何とも哀愁を誘うことでしょう。
 
結局、峠を越えるのに1時間も要す。恐るべし三坂峠
神社方面に向かうには、国道もとい「酷道」を下る必要があり、
これがまあ羊腸の小径。
下り道なのでよかったものの、調子乗って走っていたら。まさかの対向車。
勿論、軽トラ。そりゃ地元民の道ですよね…。
↓一番峠のキツいところでは写真を撮れなかったので、落ち着いたところを。

f:id:tsunezawashi:20161202233055j:plain

f:id:tsunezawashi:20161202233056j:plain

 
続く!