ツネ語ログ

ツネザワシ(Tsunezawashi )です!漢字教育士をやってます。

隗より始めよ ~なにわ妖隗祭へ~

★妖怪へ会いに、恵美須町まで 先日、タイトルにもある『なにわ妖隗祭』に行ってきました。 そもそも、このイベント何よ?という話です。 「妖怪」をテーマにした展示・パフォーマンスイベント…と公式のfacebookページでは紹介されていますね!

古事記とレディーファースト

今頃、古事記を読んでいます。と言っても、フルの原文ではありません。読みやす~いように、手が加えられたのを読んでます。 齋藤孝の『声に出して読みたい古事記』を基に、ちょっと見ていきましょうか。

「まつとしきかば いまかへりこむ」日常の中の、おまじない

とある商店街にて。 お店の前に置いてある、三角コーン。 それだけなら、別になんてことはない、日常の風景なのだが。 このコーンには、奇妙な貼り紙がしてあるのだ。

どうぶつをたべっこする ~本気で「たべっ子どうぶつ」について書いてみた~

「某奇妙な漫画でも登場していた、動物ビスケット」 もう、ストレートに言ってしまいます。 「たべっ子どうぶつ」と言えば、ギンビスより発売されている、動物の形をしてビスケットです。 今回は、たべっ子どうぶつに対して、ふと感じたことをつらつらと書い…

「お化け浮世絵展」を見てきました!

「開催初日に行ってきました。ミーハーなのね。」過日は、京都駅の伊勢丹で行われている、お化けの浮世絵展に行ったとさ。正式なタイトルは「奇々怪々 お化け浮世絵展」という、そこそこストレートなタイトルである。あ、ネタバレというか、感想なので、これ…

弦を打つのは誰のため? ~まじないのスラッシュメタル~

「ダウンピッキングは、練習しないと衰える」 弦打(つるうち)と突然言っても何のこっちゃですが。 弓に矢をつがえずに、弓弦(ゆづる)だけを引いて放し、弦をビュンと鳴らすこと 『魔よけとまじない』(埴新書:中村義雄)には書かれております。「日本書紀」に…

音・暗・闇 の話。意外な共通点は「音」!!

音・暗・闇 の3つを見ていきましょう。

くらいはこわい ~ちょっとだけ開いている扉って…イヤな感じ?~

「ちょっとだけ。」 突然ですが。 カーテンの隙間が気になる。 閉じ切っていない襖が気になる。 半開きのドアが。窓が。 なぜ気になるのか。 気になるというか、イヤである。 何なら、ちょっと怖い。 なぜか? こういう風に感じる人と言うのは割といるようで…

「大声」という、まじない

大きな声を出したいと思うときがある。 気持ちの切り替え、の効果でもあるのか、そう、なんだかスッキリするのである。 体から悪いものでも出ていっているのだろうか。 …こんなよくわからない主張から、オハナシは始まる。カブラヤ! それならよいものの、日…

意味分からんから、意味分からん。 ~わからないモノへの恐怖~

「下手に意味のあるコト(をする)より、意味のわからないコトの方が不安感を煽れるので効果がありそう」 ★叫び声(奇声)、絵、踊り、文字列、無表情、笑顔…etc ざっと挙げましたが、「意味不明」ってことに、繋がり易いモノだと思うんですよね。 何故か?ちょ…

「祝」と「呪」。漢字の話と、呪詛について。

「祝いも呪いも瓜二つ」 「神様」盗まれ今どこに 研究者「強い呪いかかり危険」 パプアニューギニアの神様(の像)が盗まれて、 ゼミの教授が「呪いかかるからヤバいよ」と訴えている、 そんなニュースです。 オセアニア!木彫りの仮面、ってイメージ。 アフリ…

名前も言いたくない例のアレ ~言霊~

例のアレ、と言ってもいろいろあります。 強いて言うならば、アルファベットのFの次。 でもこれだと長いので、「甲」と言っておきます。 (二重の意味で甲かも知れない。カブトムシは平気なのにね。) 噂をすれば影がさす、なんて言いますが、よく言ったもので…

紫はヤクザの香り ~ディープでパープルな話~

紫というと、本来は高貴な色である。 飛鳥・平安時代の貴族が着るようなそりゃまあ、すんばらしい色だったのである。 例えば…キリストは紫を纏っていたとか。(詳しくは知りません…。) かのクレオパトラなんかも紫を好んでいたらしい。 舟の帆が紫だったとか…

事実は小説よりも奇なり。漫画は現実よりも可なり。~日常と非日常の境界線~

「漫画でしか言わないようなセリフ」 「死ぬまで何秒か数えといたるわ」別れ話で口論になり首つりを強要 殺人未遂容疑で軽食店経営の男を逮捕 京都府警 ~出典・引用『産経WEST』~ 女子大生に首吊らせようとしたオッサンが逮捕される、っちゅう何とも言えな…

四国に行ってきました ~賢見神社そのに~

前回の後半。 そう、GWと使って、徳島にある賢見神社に行ってきたのです。 賢見神社は、国内唯一の、憑き物払いの神社です。 登り始めて2時間弱くらいで着きました。 まだ社務所の受付が始まる前だったので、特別何か見られたり聴けたりはできませんでしたが…

【帰りまでが遠足】賢見神社からの下山。

賢見神社を後にし、あとは下山するのみ。 来た道と違う道で帰ったろ!と思い、反対側から帰ることに。 まむしに注意。

四国に行ってきました ~賢見神社そのいち~

松山から徳島を目指す 高速バスでドンブラコ。 揺られ揺られて、2・3時間程度でお隣、徳島に到着。 次なる目的は「賢見神社」。前回ちょっとだけ書きましたが、犬神憑きをお祓いする、日本唯一の神社です。 なお、賢見ですが、ケンミ、って読みます。由来は…

【民宿にお泊り】阿波池田で一夜を過ごす

どうもツネザワシです。GWに四国をまわっておりました。 賢見神社を目指し、まずは辻から阿波池田まで。夕暮れ時ですが、まだ空は明るい。

【高速バスを途中下車】三好から辻へ~賢見神社を目指す道中~

という訳で、今頃ですがせっかくですので道中もご紹介します。 こちらの記事の道中のお話です。松山から徳島に到着し、タイトル通り、三好というところから話はスタートします。高速バス途中下車しているんです。

四国へ行ってきました。~山口霊神社その二~

「人里のなかに。哀愁のタヌキたち。」 前回の続きです。 山道をやっとこさ越えて… ようやく人里まで出てきました。 お遍路の寺とか宿泊施設、公民館…など割といろいろある中、 ぽつ~んと道沿いにあるのが、今回の目的「山口霊神社」。 簡単に言いますけど…

四国へ行ってきました。 ~山口霊神社その一~

◆一風変わったタヌキの神社を目指して 過日は、斯くも麗しきゴールデンウィーク。 光陰矢のごとく、白駒の隙を過ぐ。 あっと言う間に終わってしまいましたね。 このたび、 目指したのは愛媛県にある、山口霊神社です。 「犬隠刑部」という、タヌキの親玉を祀…

明日やろうは、ばか野郎。 ~コトバの備忘録~

「日常に潜む非日常にハッとして…。」 *忘れないようにメモメモ。備忘録。雑記みたいなものです。ゴメンナサイ。 ★「し明後日」と「し一昨日」 し明後日はたま~に使うけど、し一昨日ってのは初めて聞いた。 どうやら、「さき一昨日」とも言う、というか「…

魔女の秘密を探りに パート2 ~『魔女の秘密展』へ~

パート1の続きです。 ☆処刑用車輪 Execution wheel でかい車輪がありまして。 どうやら、コイツに罪人・被告人を括りつけて…手足を全てブチ折り、ブチ殺す…ようです。 「車輪刑」というそうです。 でもいまいちイメージが湧かないのですよね。車輪のどのへん…

魔女の秘密を探りに パート1 ~『魔女の秘密展』へ~

『魔女の秘密展』へ行ってきました。 海遊館を目指す観光客がキャッキャしている中…。平日の天保山は、閑散としていました。 とりあえず簡単に感想を。 ・好きな人にはたまらない ・客層はまばら、どこの層に向けた展示なのかいまいちわからない ・資料が豊…

ネッシーはいずこ? ~UMAとニッポン~

UMA

1日過ぎてしまいましたが、4/21、グーグルのトップ画面が「ネッシー」でしたね。 「ネッシー」に関して、特別言及しませんが、一応。 ネッシー ↑もしかしたら、最近の若い子はネッシー知らないんじゃないだろうか。 そんな不安はさて置き。 ちょっと前の話。…

青は藍より出でて、赤より弱し ~青と赤、意外?その通り?色の効果の話~

「青」 MSNでこんな記事を見つけたので、ちょっと。 頭のいい人は「青ペン×A3見開き」だった! 東大生も外資系コンサルも実践している ざーっと読みましたが、気になったポイントは、 「青ペン」ってことと「書きなぐる」こと。 青ペンによる記憶力アップ以外…

魔女は、おジャマ ~『魔女狩り』を読んでみて~

「魔女と魔女狩り」 某魔女っ子アニメを小学生のとき、見ていました。懐かしい。 さて、今読んでいる本はと言うと、『魔女狩り』創元社・著 ジャン-ミシェル・サルマン、訳 池上俊一。 思えば、魔女とか魔術とか…その類のモノに興味あるけど、深~い部分を知…

牛乳は白い。血は赤い。~「乳」と「血」の話~

「中学生3年生のとき、給食の牛乳を必ず2本飲んでいた(実話)」牛乳を矢鱈飲む人を、たまに聞く。まあご多分に云々、小生もその一人。 ふと、牛乳ってそういえば血だよな、と思いてさっとググる。 うむ、全能なる『全農』が詳しく言うておるよ。下記リンク参…

愛されて、あやかし ~都島に「ぬえ塚」があった~

「ぬえ塚」 都島で夕飯でも、と思いて、ふと地図を見たら 「ぬえ塚」なんて文字が目に入るものだから。 ついつい寄り道してしまう。 *なお、やっすい定食食べたらご飯に虫が入っていたのは余談。 ぬえ、って「鵺」ってところまではわかったものの、 詳細は…

わかるとわからないの、はざま part2 ~モヤモヤする話~

「心霊?」 前回、ば~っと書きましたが、 『アルファがベータをカッパらったらイプシロンした、なぜだろう?理論』 と、表現するとピッタリくるような気がします(^^) そして今回はpart2、長いよ、今回も。 突然ですが、幽霊、妖怪、あやかしの類って信じま…

わかるとわからないの、はざま part1 ~モヤモヤする話~

「魔術?」よくわからないタイトルで始まりましたが、今回、非常~にモヤモヤした内容になると思います。日常、とにもかくにも思うことなんですが、 「わかる」とき、いや、「わかった」ときでもいいんですが、スッキリ度が半端ないと思うんですよね。 あと…

ちゃんと〈挨拶〉しよう! ~漢字の意味を探る~

◆「挨拶って基本なんです。」 職場で配布された資料に目を通していると… 『挨拶とは本来相手の心に云々』と書いてある。 アレ?確か相手を「うつ」ことじゃなかったっけ?と記憶してたので、調べる調べる。 (ホンマに!?とならないあたりが、not関西人の証拠…

大阪と水場 ~「みおつくし」、見たことあるでしょ?~

◆みおつくしを想う 澪標・みおつくしって言いますと、「ああ、あの百人一首の」と思い浮かべるんですが、肝心な歌の全容を覚えてないんですよね。 それに「五七五七七」の文字の少なさ、これすなわちツイッターの制限文字数よりも断然少ないんです。 あなや…

水に流せば ~若水、古き良き言葉~

◆若水(わかみず)とは? 春なので、とりあえず、春っぽいことを。 いきなり若水って言われてもなんのこっちゃ、という感じですねー。